青春18切符・讃岐うどん と屋島寺

高松に来たら、讃岐うどんを食べないで帰るわけにはいかない。
ここには学生時代の親友がいるので、何処の店がおいしいのか尋ねた。
近頃流行のうどんツアーは、セルフサービスのお店らしい。
我々主婦族は、はるばるここまで来てセルフうどんは御免だということで意見が一致した。

親友お勧めの「山田屋」へ案内してもらう。
江戸時代からの造り酒屋で、庄屋の建物を保存した伝統的雰囲気のあるお店だった。

画像


画像


うどんはもちろん文句なし。
盛りだくさんの天麩羅もとてもおいしく揚げられている。

画像


綺麗に手入れされた庭を見学できるのも良かった。

画像




観光客には人気があるらしく、タクシーで来るお客も結構いたようだ。

「わらや」というお店もお勧めだと言われたが、2食は無理なので、店の所在だけ確かめておいた。



イサム・ノグチ庭園美術館からみた屋島が良かったので食後、屋島へ行ってみる。
四国84番札所。屋島寺。
鎌倉時代の木造建築が残されている。

画像


            象の彫り物
画像



空気が良く澄んでいて、遠く金毘羅さんまで見えた。
ボランティア・ガイドのおじさんが、丁寧に説明してくださるのだが、源平の合戦を再現しそうなノリだった。

屋島からの瀬戸内海の眺めも、また格別だ。

画像


昔の塩田跡が、今は住宅地になっている。
ここの風景も少しずつ変化していくのだろう。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック