桜の旅・木曽川下り(日本ライン下り)

昨日、ホテルで木曽川下りの予約をしておいたので、バスが迎えに来てくれる。
サンフランシスコからの外人さんグループも一緒だ。
上流の方へバスで遡ると「日本ライン下り」の船着場がある。

名前の由来がさっぱりわからなかったが、ドイツのライン川の景色に似ていると、偉い先生がおっしゃったということらしい。
木曽川下りのままでいいのになあと思うのは私だけだろうか・・・。

京都の保津川下りのようなものなのだが、川幅が広くて距離もあるし、木曽川の方もなかなか楽しめた。


船頭さんによると、新緑の頃が一番綺麗だそうだ。
水飛沫をかぶりながら、岩の間を縫って下る。

画像



山には桜、川面にはたくさんの野鳥。
川鵜や、おしどり、鴨などが、船に追われて低く低く飛び回る。
画像



一同、急流のたびにキャーキャー騒ぎながら、1時間ほどで、お城が見えてくると、川下りもおしまいだ。

画像




犬山ホテルを横目で見ながら、犬山城に上る。
国宝4城のうちのひとつだ。

画像



天守閣からの眺めも素晴らしい。
のどかな春の美しさが凝縮されているような気がする。

画像



画像




木曽川を見おろす眺めもさることながら、桜・桜・桜。

画像



画像



お城と桜は良く似合う・・・。

それにしても、犬山の桜は見事だ。
これほど、静かに楽しめるとは思っていなかった。

★桜の旅・犬山へ・・・・・。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック